• ホーム
  • ルミガンの正しい塗り方と購入方法について

ルミガンの正しい塗り方と購入方法について

きれいな目を持っている女性

ビマトプロストは緑内障を治療するために用いられる薬で、商品名をルミガンといいます。
現在はまつ毛美容液として使われることが多くなっていますが、実際は点眼薬であり、臨床実験の時に「まつげが伸張する」という副作用が見つかったことで別の視点から注目されるようになりました。
その後にまつ毛貧毛症の治療に応用するために臨床試験が重ねられて開発されたものです。
有効成分ビマトプロストはFDA(アメリカの厚生労働省にあたる機関)で安全性が認められて、使用した人の80%の人がまつ毛の長さ・濃さ・太さについて効果を実感している医薬品になります。

ルミガンを使うにあたって知っておきたいのが塗り方で、正しく行わないと肌の色素沈着など副作用を起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。
塗り方はクレンジングや洗顔で肌を清潔な状態にしてから、まつ毛の周り(まぶた)にワセリンを塗っていきます。
安全性を高めるなら専用のアプリケーターを利用すると良いのですが、綿棒やアイシャドウブラシでも代用可能です。
ただ、皮膚に付かないようにしなければいけないので、不器用な人は使い勝手の良い方法で行った方がトラブルが減ります。
気を付けながらまつ毛の根元に塗っていき、余計な薬液はティッシュで軽く拭き取ってください。

ワセリンを塗るのは皮膚に薬液が付着して色素沈着の副作用を起こすのを避けるためで、クリームでも問題ないです。
アプリケーターは片方ずつ使い捨てにした方が良く、使い回すと不衛生で肌トラブルが起こる可能性が出てきます。
余分な薬液が残って目に入ると充血やかゆみの原因となるので、しっかりと拭き取ることが重要です。
ルミガンの有効成分であるビマトプソストは本来の目的ではなく副作用としてまつ毛育毛に効果を与えます。
実害となる副作用に関してはほとんどないと言われていますが、先述した様に薬液が肌に付着すると色素沈着・充血やかゆみといったものが現れるので、そういった症状が出た時は早めに医師の診察を受けると安心です。

ルミガンを安く手に入れるには通販サイトから!

まつ毛育毛剤としての効果を持つルミガンはアメリカでは認可を受けた医薬品ですが、日本ではまだ認可を受けていないので、ドラッグストアなどでは取り扱っておらず購入することができません。
しかし眼科で医師の診断を受けて処方箋をもらえば手に入れることができます。
ただし、この場合は緑内障治療など本来の目的以外では処方してもらうことはできない場合が多いです。
美容クリニックでも処方してもらうことは可能で、こちらでは美容目的でも処方してもらえますが、保険の適用外となるので高額な費用がかかってしまいます。

ルミガンをまつ毛育毛剤として利用する時には、持続して使うことが必要です。
そのため費用面も重要視しなければならず、少しでも安くルミガンを入手するには個人輸入をおすすめします。
日本では未承認でも個人が使用する目的なら法律的に輸入が許可されるので通販は可能ですが、問題は薬事法が関わってきてやや面倒なところです。
慣れるとスムーズに行えますが、英語でのやり取りになるので英語力に自信がない方は別の方法を試すのもいいかもしれません。

最も気楽でリーズナブルに入手する方法が個人輸入代行業者から通販で購入することで、普通のオンラインショップと同じように利用すればいいので簡単です。
ただいくつか気を付けるべきこともあり、価格の安さは大切ですが、安全性もしっかりと確認しないと後からトラブルとなる可能性が出てくるという点です。

トラブルを回避するためには、事前に利用する業者の評判を調べておくのが良いでしょう。
それには、口コミをチェックすると分かりやすいです。
実際に利用した人の意見なので参考になり、利用する前に軽くでも目を通しておくとリスク回避ができます。
信頼できる個人輸入業者を見つけておくと、安全でリーズナブルな価格でルミガンを購入できます。

関連記事
人気記事一覧