• ホーム
  • トレチノイン・ハイドロキノンによる高い効果について

トレチノイン・ハイドロキノンによる高い効果について

美白ケアを行う方が増えています。
紫外線の影響を受けて、お肌のメラノサイトという部分が刺激される事で、メラニン色素というシミの原因となるものが増えていきます。
このメラニン色素は通常ターンオーバーというお肌の新陳代謝が行われると排出されていきますが、年齢とともにその機能が低下することで、新しい皮膚に生まれ変われず沈着してしまいます。
老廃物とともにメラニン色素が溜まっていく事で、濃くなってしまい、それがお肌に出てくるのがシミです。

紫外線による影響も大きく、日焼け止めを使う事で紫外線対策をすることは予防に有効です。
また、日々のスキンケアで美白成分でもあるアルブチンやハトムギエキス、ビタミンC誘導体といった成分の配合された化粧品を使う事でも予防効果が見られます。

しかしターンオーバーの働きが崩れてしまったり、年齢とともにコラーゲンの減少に伴い保湿力が低下して乾燥したりすることで、紫外線の影響も受けやすくなります。
そういった時に紫外線を浴びることで、どうしてもメラニン色素がどんどん増えてシミができてしまいます。

シミにもいろいろな種類があり、肝斑という30代頃から女性にできやすいシミは、ホルモンバランスの変化も原因と言われています。
この肝斑に関しては予防が難しいのですが、出来てしまった時には内側からトラネキサム酸などの内服薬を服用してアプローチをしたり、美容皮膚科でレーザーなどの処置を受けたりするなど、専門的な治療が必要となります。

紫外線が原因でできてしまうエイジングサインでもあるシミは、トレチノインとハイドロキノンという薬をダブルで使っていく事で薄くしたり消したりする効果が期待出来ます。
美白化粧品には予防効果があっても、出来てしまったシミには対応できないこともありますが、漂白作用のあるハイドロキノンとターンオーバーの働きを促すトレチノインは、併用していく事でシミを薄くしたり消したりということが期待できます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法は病院の方が安全

シミの中でも、肝斑は女性ホルモンが影響しているものですので、外用薬ではなかなか効果が見られませんが、病院で処方してもらったり、ドラッグストアで購入したりできるトラネキサム酸を使う事で対応していく事が出来ます。

一方紫外線が原因でできてしまうシミについては、病院の中でも特に美容皮膚科と言われる科を受診することで、トレチノイン(ターンオーバーに働きかけることが出来て、新陳代謝を活発化させる)やハイドロキノン(漂白作用がある)と言った薬を処方してもらうことができます。

美白化粧品だけでは予防しかできず、できてしまったシミにはこういった医薬品でのアプローチがお勧めです。
ハイドロキノンが配合されている化粧品は、通販などでも購入することが出来ますが、濃度が低いため思うような効果が出ないという声もあります。

トレチノインとハイドロキノンの中でも病院で処方してもらえるレベルの濃度の高いものも個人輸入という形であれば通販で購入も可能です。
しかし、個人輸入では自己責任での使用となりますし、お肌が弱い方は濃度が高い物をいきなり使ったりするのは、肌へのダメージやリスクも出てしまうこともありますのでお勧めできません。
また、成分に若干の違いがあるため、何か混ぜ物が入っているといった可能性もありますので、美容皮膚科での処方の方が安全と言えるでしょう。

シミが無くクリアで透明感のあるお肌というのは、アンチエイジングの意味でもメリットがありますし、日々のスキンケアで美白化粧品を使ったり、紫外線対策をしたりしていく事も予防の面では有効です。
しかし、出来てしまったシミに関しては医薬品で根本的な治療を受ける方が効果も実感しやすいので、まずは美容皮膚科などで相談してみましょう。

関連記事