• ホーム
  • ジェネリックのケアプロスト!まつ毛育毛の効果は?

ジェネリックのケアプロスト!まつ毛育毛の効果は?

ケアプロストとは、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で2009年から許可されていて、同じくまつげ育毛剤で効果のあるルミガンのジェネリック医薬品です。
元々、ルミガンは緑内障や眼圧を下げるための点眼薬として販売されていましたが、その内の成分であるビマトプロストの副作用によってまつ毛の成長が促されていることが解明し、まつげ貧毛症の治療に利用されるようになりました。
それが後にまつげ育毛剤として販売されるようになりましたが、今ではビマトプロストは特許が切れているため、ジェネリックでこの成分を用いたケアプロストが誕生しました。

このビマトプロストですが、メラニンを活性化させる効果があるため、まぶたや目の周囲の皮膚に付着すると色素沈着が起こる可能性があります。
また、目に直接入ることから起こる充血やかゆみなども副作用としてあげられますが、これらの症状は使用を一旦やめてみるとまた元に戻るので、正しい使い方をしていれば特に問題はありません。

使用上の注意として、基本的には就寝前に一回のみとすること。
塗り方は、アプリケーターに液を一滴つけて、アイラインを引くように上まつ毛の根元に塗るようにしましょう。
アプリケーターも一回のみの使い切りにした方が衛生面でも安心です。
大量に液を出したり、下まぶたにつける塗り方は、上述した肌への色素沈着や目の充血につながるので避けた方がいいです。
また、医薬品のため、妊娠・授乳をしている方は使わない方がいいとのことです。

使用をやめたらどうなるかというのも気になる点です。
まつ毛の毛周期は、成長初期・成長期・退行期・休止期の4段階に分けられ、一般的に30日~100日といわれています。
このとき、成長期に育毛剤の使用をすることで、より効果的にまつ毛を伸ばすことが期待できます。
まつ毛は体毛の中でも短いサイクルで生えかわるので、維持するには塗り続けることが必要不可欠です。

ケアプロストは使用法を守れば、1本で1~2ヶ月は持つので、長期的にみても非常にコストパフォーマンスがいいといえます。
目は顔の中でも印象に残るパーツなので、きちんとしたケアと地道な努力が、美しさを手に入れるコツであります。

ケアプロストの個人輸入について

ケアプロストは、医療薬品の扱いのため市販での購入はできません。
購入先として、病院やクリニックで診察を受けてから処方してもらう方法と、海外医薬品を個人輸入できる方法があります。

個人輸入とは、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入をするといったやり方です。
方法としては、帰国時に携帯して輸入・別送品として送る・ネット購入をするなどあり、日本で買うよりは圧倒的に安く商品を購入できます。
ただし、輸入の際には薬事法の規制もあるので注意していかなければなりません。
また、ネット購入の場合は、海外とのやりとりのため、英語の能力が求められるなど意思疎通が必要となり、苦手な方にとってはどうしてもハードルが高くなってしまいます。
届く商品が正規品なのか、偽物ではないかといった不安もでてきます。

そのような不安を解消してくれるのが、個人輸入代行サービスです。
購入者と海外の企業・店舗を仲介し取引の確認を行ってくれ、通常の通販と変わらない感覚で注文をすることができるので、多くの方が利用しています。
仲介サービスなので手数料がかかってきますが、個人輸入の中でも費用も抑えられ手間もかからないといった利点があります。
また、送料無料やセット購入をすると安くなったり、購入時にポイントがつき次回に使用できるなどサービスの充実したサイトもあります。

ただし、サービスを利用していく上で信頼のおけるサイトであるかは個人が見極めていかなければなりません。
ケアプロストは医薬品を専門で取り扱っている通販サイトでのみ購入が出来ます。
一般的に広く知れ渡っている通販サイトでも売られている場合もありますが、偽物の可能性を疑った方が良いでしょう。
その他、クレジットカード決済機能はあるか、購入者の口コミはあるか、成分の表示はしているかなどを注視していく必要があります。

正規品を安く購入したいが、商品の輸入は初めてな方や不安を持っている方は、代行サービスを利用して安全に手に入れることから始めてみましょう。

関連記事
人気記事一覧