• ホーム
  • シミの原因は紫外線以外にもある!予防法とは

シミの原因は紫外線以外にもある!予防法とは

気づいたらいつのまにか発生しているシミ。
女性はもちろん、男性でも気にする人は少なくないでしょう。
シミが発生してしまう原因はメラニンという成分にあります。
メラニンは肌を保護するため皮膚下で生成される色素で、普通に生成されるだけならば何も問題ありません。
しかし、紫外線をはじめとしたさまざまな要因から大量に生成されてしまうことになると、肌表面にシミとして出てきてしまいます。

それでも、ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝が正常に機能していればシミになってしまうことは防げます。
このターンオーバーは加齢やストレスによって乱れが生じてしまうため、乱さないように注意することが欠かせません。
効果的にシミの発生を予防するためにも、数ある原因をしっかりと把握して適切な対応をすることが大切です。

まず代表的なのが、シミの主な原因として広く知られる紫外線でしょう。
シミの多くが紫外線による「日光黒子(にっこうこくし)」と呼ばれるタイプのものになります。
長期間日光に晒され続ける場所に発生し、顔を中心に手や腕、背中などに多く見られます。
年齢を重ねるにつれ増える傾向にあるのが特徴です。
基本的には中年以降に目立つようになりますが、若いうちからでも発生します。

紫外線以外では遺伝やホルモンバランスによって発生するシミも存在します。
遺伝によるシミは「雀卵斑(じゃくらんぱん)」で、一般的にそばかすと言われるものです。
数ミリほどの斑点が鼻や頬に発生します。
特徴としては幼少期から現れ、思春期になると目立つようになります。
同じ頬に発生するシミでも女性に多く見られる「肝斑(かんぱん)」は、ホルモンバランスが関連していると言われます。
肝斑は高齢者にはあまり見受けられず、30代から40代くらいによく見受けられるのが特徴です。
顔の左右、頬骨のラインに発生します。

また、ニキビなどにより引き起こされた炎症が治まった後に発生してしまうシミが「炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)」です。
やけどやニキビ等の炎症が原因なので、年齢や性別関係なくどこにでも発生します。
こちらは時間が経過するとともに色が薄くなることが多いです。

シミを予防する方法は?

先に述べたさまざまなシミの原因を予防するには、それぞれに見合った対策を行うのが肝要です。
適切な予防方法を実践して効果的なシミ予防を実現しましょう。

シミ予防のメインとなる紫外線対策には、日焼け止めの使用が有効になります。
日焼け止めと聞くと夏の日差しをイメージしがちですが、紫外線は季節に関係なく年間通して地球に降り注いでいます。
そのため、日焼け止めも年間単位で使用していくことが望ましいでしょう。
そのとき注意する点として、日焼け止めの成分と塗り方に気を付けるようにします。
普段の生活ではSPFやPAと呼ばれる数値が低いものを使用し、買い物などの外出や車の運転、屋外でのレジャーにスポーツを行うような場合は段階的に数値の高いものを使用するのが効果的です。
その際、数時間おきに塗り直すことも忘れないようにしましょう。
もちろん、手袋や帽子を使った直射日光対策を併せて行うことも有効です。

そして日々のスキンケアも、シミ予防には欠かせない要素となります。
正しいスキンケアを行い肌の保護機能を高めましょう。
肌の保湿はとても有効で、女性であればメイクはゴシゴシと擦らないように落とし、ぬるめのお湯で洗い流すようにします。
洗顔はよく泡立てて優しく行い、しっかりと洗い流したらタオルで押さえるように水気を取ります。
その後化粧水やローションを使用して保湿を行いましょう。
男性でも美容液や乳液をすることは、保湿を行ううえで大事になります。

また、ストレスを溜めないように心がけることも重要です。
現代社会でストレスを発生させないのは現実的に困難ですから、自身でストレスケアをこまめに行うことが求められます。
趣味やスポーツなどで心身のリフレッシュを図ったり、質の良い睡眠を取ることでコンディションを整えたりすることがコツです。

関連記事