目がきれいなので、嬉しくなる女性

長く美しいまつげを持つことは女性にとって憧れと言えますが、それを維持するのはとても大変です。
まつげエクステやマスカラなどで一時長くすることが出来ても、メイクを落としてしまえば自分の短いまつげのままですしすっぴんになれないという女性も多いのではないでしょうか。
まつげエクステやマスカラの煩わしさから解放されすっぴんでも長いまつげを維持したいなら、まつげ育毛剤を使用するのが効果的と言えます。
では、実際にまつげ育毛剤にはどのような効果が期待できるのか考えてみましょう。

まつげ育毛剤でまつ毛が伸びる理由

なぜ、まつげ育毛剤はまつげを伸ばすことが出来るのかその理由が気になる人も多いのではないでしょうか。
まつげ育毛剤を使用することでなぜまつげが伸びるのかという理由については、それに配合されている成分が関係しているとされています。
実はまつげ育毛剤は開発された当初は使用方法が異なっており、最初は育毛剤としてではなく、そもそもは緑内障の治療薬で使用されていたとされています。

今ではまつげを長く、量を増やすのに良いとされているまつげ育毛剤で使用している商品も、もともとは緑内障を治療するための点眼薬で使用されていました。
その点眼薬を使用していた患者の副反応に、まつげの量が多くなったりふさふさに伸びる効果があったことから、長くしたり量を増やすのに効果的なのではないかとしてまつげ育毛剤としての使用方法が確立されました。
また、生まれつきまつげの生え方が不十分となっている人やもともと毛自体が少ない睫毛貧毛症を改善する治療薬でも使用されることもあると言われています。

まつげ育毛剤には、ビマトプロストという成分が含まれており、これが緑内障を改善するのに効果的な成分であると同時に、まつげを伸ばす効果があることからまつげ育毛剤として使用されることにつながったとされています。
ただ、このビマトプロストという成分は非常に強力です。
まつげ以外の頬や耳など、毛を生やす必要のない部分にこの薬液を落とすなど使用方法を間違えてしまうとその部分の毛が濃くなってしまったりすることもあるので注意が必要と言えます。
正しい方法で使用していればまずまつげが伸びる効果だけ期待できますので、必ずまつげだけに使用するのが良いとされています。

まつげ育毛剤とまつげ美容液の違いは?

まつげ育毛剤の他にまつげ美容液というものも存在しますが、これらにはどんな違いがあるのかご存知でしょうか。
まず、育毛剤がどのようなものなのかについて考えてみますと、専用のアイライナーブラシに薬液を1滴付着させてまつげに沿って塗ることでまつげを伸ばす効果が期待できるとされています。
一方で、美容液との違いはどんなことなのか考えてみますと、美容液の場合は育毛剤とは違い必ず毛が生えてくるわけではないということです。

まつげだけでなく髪の毛においても同じことが言えますが、毛にはサイクルがあります。
毛が成長する成長期、毛の成長が止まる退行期、毛が抜けてしまう休止期を経てまた生えてくるようになる育毛期という毛周期を繰り返しながら生えては抜けて、また生えてくるというサイクルを繰り返しています。
まつげ美容液には、まつげに栄養を送り、まつげ自体をつやつやにしたり元気で太い毛にする成分が多く配合されており結果的に腰のある強い毛にすることが出来ます。
増やすといった点ではあまり効果が期待できないこともあると言えます。
美容液は、育毛剤のように毛を伸ばす効果があるとは限らないのです。
簡単に言ってしまうと、まつげ育毛剤は毛を生やすためのものであり、まつげ美容液はまつげのコンディションを整えて美しくする商品だということになります。

ただ、最近では美容液の中にもまつげを生やす効果が期待できる商品も販売されており、育毛剤を購入するより安く副作用が少ないという安心感も強いことから美容液を好む人も増えているとされています。
早くまつげを生やしたいか、それともしっかりと腰のある元気なまつげにしたいのか、自分の好みに合わせて試してみるのも良いのではないでしょうか。

まつげ育毛剤に副作用はある?

このように、自分のまつげを伸ばすことが出来るまつげ育毛剤ですが、使用することでどんな副作用があるのか気になる人も多いと思われます。
効果が期待できたところで、副作用が強かったら慎重に使わなければならないと言えますが、どのような副作用があるのでしょうか。
もともと緑内障の治療薬であり点眼するものなので、大きなトラブルになることは少ないと言えますが、万が一のことを考えて備えておくのは悪くないと言えます。

まつげ育毛剤を使用することで考えられる副作用としては、目のかゆみや充血、目がごろごろして違和感があるなどの症状があらわれることがあります。
その他には、耳や頬、目元の下の部分などまつげ以外の部分に付着してしまった場合には色素沈着が起こることもありますので慎重に使用する必要があると言えるでしょう。
特に肌の色が白い場合には目立つ恐れもありますのでまつげ育毛剤を使用していてその他の部分に付着してしまった場合にはティッシュなどでオフして拭き取るように心がけることをおすすめします。
副作用が出ないようにするためには、必ずティッシュなどで余分な薬液を拭き取ることが大切です。

もちろん、まつげ育毛剤を使用したからといって必ず副作用が出るわけではなく、中には全く気にならなかったという人もいるとされています。
まつげ育毛剤を使用したからといって絶対に副作用が出るというわけではないのですが、もし副作用が出てしまったという場合には使用を中止して自分で何とかせずに早めに医療機関に受診することをおすすめします。
せっかくまつげを伸ばそうと思ったのに副作用が出てしまうとがっかりすることもありますので、出ないようにするためにも正しい用法、用量で使用するようにしましょう。

まつげ育毛剤にはどういった商品がある?

まつげ育毛剤は現在様々な種類の商品が販売されていますが、どのような商品があるのか、まつげ育毛剤初心者だったらどんなタイプを使ってみるのが良いのでしょうか。
まず、前述したルミガンはまつげ育毛剤の中でも有名な商品です。
ケアプロストは、ルミガンのジェネリック医薬品ですがルミガンに配合されているまつげを伸ばす成分、ビマトプロストが配合されているのケアプロストもルミガンと同じような効果が期待できます。

ネットを利用すると病院よりも安くケアプロストを通販することが出来るので注文してみるとよろしいです。

次に、ラティースはアメリカのFDAにおいて初めて医薬品として認可された、アメリカ製のまつげ育毛剤です。
ラティースも、ルミガンやケアプロストと同様にビマトプロストが配合されており、まつげの長さや量、太さなどすべてにおいて効果が高いとされています。
伸び方には個人差があるようですが3週間ほどで変化があらわれてくるようです。
グラッシュビスタは、日本において初めて睫毛貧毛症治療薬として厚生労働省が許可したまつげ育毛剤で、グラッシュビスタにも、配合成分にはやはりビマトプロストが含まれています。
使用してだいたい4週間ほどでまつげの長さ、太さ、量を増やすことが出来るとされています。

まつげ育毛剤には様々な種類があり、基本的にはどれもまつげを長く、太く、量を増やす効果が期待できるため、すべての商品を試してお気に入りの一つを探してみるのも良いでしょう。
始めから一つだけに狙いを定めて使用して、あまり効果が期待できなかったり自分に合わなければ他の商品を試してみるのも良いかもしれません。
マスカラやまつげエクステをする毎日とはおさらばして自分のまつげで勝負したい人は、一度まつげ育毛剤を試してみてその効果を実感してみてはいかがでしょうか。

記事一覧

「ラティース」は世界ではじめてFDA(米国食品医薬品局)が医薬品として認可したまつげ育毛剤です。 一...

フローフシのTHEまつげ美容液は独自の成分であるエンドミネラルを配合していて、まつ毛や目元のケアを行...

美白ケアを行う方が増えています。 紫外線の影響を受けて、お肌のメラノサイトという部分が刺激される事で...

気づいたらいつのまにか発生しているシミ。 女性はもちろん、男性でも気にする人は少なくないでしょう。 ...

ケアプロストとは、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)で2009年から許可されていて、同じくまつ...

目がきれいな女性

女性の永遠のあこがれといっても過言ではない美肌になるスキンケアには、お家にある食品をプラスすることで...

きれいな目を持っている女性

ビマトプロストは緑内障を治療するために用いられる薬で、商品名をルミガンといいます。 現在はまつ毛美容...

きれいな目

まつげをふさふさにしたい、長くしたい、またマツエクや毎日のマスカラで傷んでしまっていて、健康なまつげ...

きれいな目とまつげ

ふさふさと黒く、長いまつ毛だと目がぱっちりと見えて目力が強くなり、印象的な美しい瞳になることができる...